ホーム > 部門紹介 > 薬局

薬局

薬局・理念

責任ある医薬品管理と薬剤の適正使用に努め、副作用を未然に防止する情報活動を通じて患者さまが安心できる医療を目指します。

薬局・基本方針

  1. 常に医薬品の品質、有効性及び安全性の確保に努めます。
  2. 医薬品の調剤及び供給にあたり患者さまに充分な説明を行います。
  3. 医療従事者と協力して患者さまの健康の保持増進に最善を尽くします。
  4. 生涯にわたり豊富な知識と技能を維持するよう研鑽すると共に後進の育成に努めます。

薬局では、患者さまが安全かつ適正な投薬治療を受けていただけるよう、患者さまへの説明、医師や看護師、病院全体への薬剤の情報提供に努めています。患者さまのなかには、別の医療機関で処方されたお薬を服用されている方もいらっしゃるので、当院で採用されているお薬だけではなく、幅広い知識でみなさまに貢献していきたいと考えています。

 

薬局業務

調剤

内服・外用の処方鑑査、計数調剤、計量調剤、疑義照会を行っています。注射薬の処方鑑査、取り揃え業務を行っています。

(2015年12月~2016年2月の平均)
入院 投薬処方せん枚数 55枚/日
注射処方せん枚数 114枚/日
外来 院内処方せん枚数 16枚/日
院外処方せん枚数 69枚/日
(院外処方せん発行率 81.5%)

 

病棟薬剤業務

各病棟に担当薬剤師を配置しています。
患者さまの薬歴やカルテを参照し、医師への処方提案や疑義照会、看護師等の医療従事者への情報提供を行っています。また、カンファレンスなどへ参加し、チーム医療の一員として活動しています。

(2015年12月~2016年2月の平均)

病棟薬剤業務実施時間

病棟あたり31.6時間/週

 

薬剤管理指導業務

服薬状況やアレルギー歴、副作用歴の確認を行い、その情報を医師や看護師などへ提供し連携を取っています。また、入院患者さまの持参薬管理を行っています。

 

医薬品情報業務(DI業務)

医薬品が適正に使用されるよう、医師や看護師、その他の医療従事者に医薬品に関する情報を整理し提供しています。また、院内向けの薬局ニュースを月に3回発行しています。

 

薬局スタッフ

薬剤師 5名
事務 1名

(薬学部の実務実習生を受け入れています)